SI業界の概要「IT技術で仕組みを作る仕事」

華麗なる転職でSI業界を脱出!

ITを使って仕組みを作る情報サービス企業

Pocket

SI(システムインテグレーター)とは

SIはシステムインテグレーターの英語略のことで、SIerと呼ばれることもあります。
SI業界からの転職を本格的に考える前に、まずはSIがどのようなサービスを提供しているところなのか、その概要についてもう一度把握しておくことにしましょう。SIでは顧客が必要としている仕組みをITで構築することを主な業務としています。コンサルティングによって顧客の抱えている課題や問題を把握し、どのようなシステムが必要でどのようなことが実現可能かを提案します。そこから設計、開発、運用、保守までの全ての工程を請け負います。自社で全ての業務を請け負うタイプや協力会社に業務を発注するタイプなど、SIにもいくつか種類がありますが、SIを大きく3つに分類すると、「メーカー系」「独立系」「ユーザー系」に分けることができます。では、それぞれの特徴やメリットとはどのようなものでしょうか。

メーカー系SI

コンピュータメーカーの傘下にある会社、もしくはメーカーのハードウェアやソフトウェア開発部門から派生した子会社などが運営するSIが「メーカー系SI」です。メーカー系SIの最大のメリットは、企業規模の大きさと安定して続く開発業務です。自社製品を開発するために必要なハードウェアとソフトウェアの両方を自社でまかなうことができるので、プロジェクトをスムーズに進めることができます。また、他のタイプのSIよりも不況に強いという点も魅力です。

独立系SI

メーカー系SIのような親会社がなく、完全に独立した形で事業を運営しているSIが「独立系SI」です。有名な大手独立系SIもいくつかありますが、独立経営そのものは厳しい状況に置かれているのが現状で、合併で生き残りを図っている企業も少なくありません。ただ、独立系はメーカーの縛りがないため、自由にソフトを選択してシステム構築をしていくことが可能なので、顧客の幅広いニーズに柔軟に応えることを可能にしています。独立系SIには、可能であればどんな開発にも挑戦できる環境があるので、カスタムメイドの開発でスキルアップしたい人にとっては魅力的です。

ユーザー系SI

金融、商社、交通などのITシステム部門から独立したSIが「ユーザー系SI」です。親会社のシステム開発、運用、保守はもちろんのこと、そこで培ったノウハウを生かして外部顧客からの受託開発の手がけることでプロジェクトを安定的に保持しています。ユーザー系SIで業務の中心となるのは自社のシステム開発なので、仕事が安定しているというメリットがあります。また、金融や交通、電気など生活インフラとして欠かせない分野を扱っていることが多いため不況にはあまり左右されず、分野が限られているので高い専門性を身につけることもできます。

TOPICS

SI業界からの転身術

SI業界を脱出しよう!

SI業界に見切りをつけて転職を考えている人の新たなキャリア形成に役立つ情報を紹介するサイトです。

Copyright © 2017 SI業界からの転身術 All Rights Reserved.