SI業界の概要「具体的な仕事内容」

華麗なる転職でSI業界を脱出!

仕事内容(コンサルティング、運営、保守)

Pocket

SIの仕事とは何かを再確認する

今後SI業界から転職することを考えているならば、面接に向けたキャリアの棚卸しをするためにも、SIの仕事内容について一度整理して考えてみることをおすすめします。簡潔に言えば、SIの仕事は問題や課題をITで解決することですが、メーカー系、独立系、ユーザー系など、同じSIでもいくつかの種類があるので、仕事の概要と共にそれぞれの特性の違いも理解しておきたいところです。種類によって仕事内容の分け方が異なりますが、一般的なSIのあり方が次の通りです。

SIの仕事はITコンサルティングから

SIの仕事は「コンサルティング」「運営」「保守」で成り立っています。システムをただ作るだけではなく、その先の運用や保守まで全てをカバーすることが基本で、要件定義から外部設計、内部設計、開発、テストと段階的に開発していくウォーターフォール型の手法を用いています。コンサルティングは、システム開発のプロジェクト発足前の段階のとても重要な工程です。ウォーターフォール型のシステム開発には、上流工程と下流工程がありますが、コンサルティングはその上の段階で、企業のIT戦略について考え、顧客の状況に合ったアドバイスを行います。IT専門のコンサルタントからSIが開発を請け負うケースもありますが、基本的にはSIがコンサルティング業務から請け負うことになります。

プロジェクトを運営する

コンサルティング業務によって顧客が抱える問題や課題を見つけ出し、それらをITでどのように解決できるかが具体的になると、システム開発プロジェクトがスタートします。要件定義や外部設計、内部設計までの上流工程はSIで行い、その次のフェーズからは下請け業者に委託するという方法をとるケースが多く、SIは顧客と下請けの間でプロジェクトを管理する業務がメインになります。下請け業者はSIに依頼された通りのものを納品するだけなので、成果が顧客の依頼通りのものになるかはSIが顧客から受けた要望をいかに的確に下請け業者に伝えるかにかかっているとも言えます。大手SIの場合、実質的にはプロジェクト運営のみで、実装等の作業は外注がほとんどです。そのため、実装スキルよりもマネジメントスキルの方が必要になってきます。

システムを保守する

SIでは、システムを作ってそれで終わりではなく、運用後のメンテナンスやトラブル対処などの保守を行っていかなければなりません。納品後に多少のトラブルが起こるのは仕方ありませんが、重大なトラブルが発生してしまえば作り手としての責任問題にも発展し、顧客からの信用を失ってしまうことにもなりかねません。実際に作業するのは下請け業者なので、納品前にSI側でしっかりと確認を行うことがとても重要です。

TOPICS

SI業界からの転身術

SI業界を脱出しよう!

SI業界に見切りをつけて転職を考えている人の新たなキャリア形成に役立つ情報を紹介するサイトです。

Copyright © 2017 SI業界からの転身術 All Rights Reserved.