転職する前に知っておきたいSI業界の良いところ悪いところ

華麗なる転職でSI業界を脱出!

SI業界の良いところ悪いところ

転職してから前職と同じ不満を抱えないために大切なのが、前職の良いところと悪いところを冷静かつ客観的に見つめ直してじっくり考えておくことです。SI業界は、大手から中小零細へと仕事が流れるピラミッド構造がはっきりしているので、どのタイプのSIにいるかによって業務内容に違いがあります。ただ、風通しのよいチームでまとまってプロジェクトを進めていくような仕組みではないので、SI独特の良さと悪さがあることは事実です。

SI業界の良いところ悪いところ

SI業界の良いところ悪いところ

  • ITシステムで企業の問題解決をサポートしていくことがSIの仕事ですが、実際に開発の細かいところを担っているのは下請けのエンジニア達であって、SIの業務はプロジェクトマネジメントが中心です。エンジニアとしての力を発揮したい人にとっては物足りなさを感じる仕事かもしれませんが、多くの人と出会うことや様々な職種の内側で働くことができる環境は、エンジニアとしてだけでなく社会人としての成長にも大きなプラスになります。

  • 転職にあたって自分が次に何をしたいのかを明確にするためには、前職であるSIの悪いところをしっかり考える必要があります。ここで大切なのは、ただ愚痴を話すように過去の辛かったことや嫌だったことを振り返るのではなく、なぜSIを辞めたいと思うようになったのか、SIではできないどんなことを次の仕事でしたいのかが結論になるよう振り返ることです。そうすれば、やりたいことがはっきりするので軸のしっかりした転職活動ができるようになります。

TOPICS

SI業界からの転身術

SI業界を脱出しよう!

SI業界に見切りをつけて転職を考えている人の新たなキャリア形成に役立つ情報を紹介するサイトです。

Copyright © 2017 SI業界からの転身術 All Rights Reserved.