SI業界から別キャリアへの転職「社内SE」

華麗なる転職でSI業界を脱出!

社内SEへの転職もアリ

Pocket

社内SEの必要性は高まっている

社内の業務や顧客に関する情報を集約し、管理するITシステムは、開発・運用・保守ができる人材がいなければ外部のエンジニアに依頼するしかありません。そのようなITシステムの運用・保守は、ビジネスにおいてもはや不可欠な事柄なので、業者ばかりに頼るのではなく社内専属SEの配置を進める企業も増えてきています。企業内のIT部門を強化すれば、事業拡大や業務の効率化を図ることができるようになるので、社内SEを採用する企業は今後ますます増えていくと考えられています。

IT業界以外の業界で活躍できる可能性

IT技術は日々進歩し続けていて、より便利で使いやすいシステムが生まれています。しかし、いくら便利でも現場で運用しきれなければ意味がないので、知識のある人が常時現場にいる必要性が高まります。IT分野とは全く異なる事業を営む企業には、ITの専門知識や技術を持った社員がおらず、何か問題が起きた場合には業者に頼るしかないところがあります。突発的な事態に弱いので、業務がITに依存するようになればなるほど、サイバー攻撃などからシステムを守るためのセキュリティ対策の徹底などが大きな課題になっていきます。情報の流出や消失など、一度大きな問題が起きてしまうと企業にとっても顧客にとっても甚大な被害になりかねないため、責任を持ってシステム管理を行うことができる社内SEを募集する企業は増えていますが、人材確保が難しい現状もあります。
SI業界で働いていると、IT業界以外の企業のシステム開発に携わることができるので、社会がどのようにITを必要としているかを実感する機会が数多くあります。そのため、キャリアアップのための転職先として異業種の社内SEを希望するようになる人もいます。

社内SEの今後とは

これまで業務別にシステムを活用してきた企業は、今後システムの統合によって社内で一元的に情報を共有する方向へとシフトしていくでしょう。重要な情報がたくさん入っているシステムを社外のSEに任せるよりも、信頼できる社内のSEに任せた方が企業側も安心ということで、社内SEを配置する企業はさらに増加していくと予想されます。

社内SEの求人探しなら「社内転職ナビ」

『社内SE転職ナビ』を活用することで、そもそも「社内SE」が自分に向いているのか、どのような業種の情報システム部が良いのか等、豊富な情報から多角的に分析し、あなたのワークスタイルに合わせた転職先を探すことが可能です。

(社内SE転職ナビ)
社内SEの仕事に関心があるならば、社内SE専門求人サイトの「社内SE転職ナビ」がおすすめです。サイト内で求人情報を探すことができるだけでなく、求人紹介なしのカジュアル面談や求人紹介ありのキャリア面談など、利用者の必要に応じて使い分けることができるようサービスが整えられています。

社内SEに特化したセミナーの開催も随時あるので、これから社内SEを目指したい人に最適です。
社内SEの転職情報はこちら
社内SE転職ナビ

TOPICS

SI業界からの転身術

SI業界を脱出しよう!

SI業界に見切りをつけて転職を考えている人の新たなキャリア形成に役立つ情報を紹介するサイトです。

Copyright © 2017 SI業界からの転身術 All Rights Reserved.