SI業界から別キャリアへの転職

華麗なる転職でSI業界を脱出!

別のキャリアを検討してみては

今いるSIを辞めて転職をしたいと考えているなら、SI業界以外のキャリアを目指すいい機会になります。人気のWeb系やアプリ開発の道へ進むなら、SIではできなかったことを実現できるかもしれません。また、数多くのシステム開発プロジェクトに関わった経験を生かして、ITコンサルタントを目指すこともできます。ITの仕事は幅広いジャンルがあるので、IT業界以外の全く異なる職種の社内SEとして活躍できる場も多く、SI経験者の選択肢は多様です。

別のキャリアを検討してみては

別のキャリアを検討してみては

  • 同じIT職でも、SIとWeb系企業では業務のあり方が全く違います。SIによっては、エンジニアとしての専門スキルがそれほど高くない人でも働ける環境がありますが、Web系の場合はマルチなスキルを求められることが多いものです。そのため、SI業界からWeb業界へと転職しようと思うのであれば、それなりに準備をして臨む必要がありますが、企業によって必要とされるスキルが違うので、求人サイトのサービスを上手に活用するのが転職成功のコツです。

  • SI業界を出てエンジニアとしての実力を発揮したい人にとって、アプリ開発はやりがいのある魅力的な仕事です。アプリ開発の仕事をするためには、必要に応じたプログラミング言語の習得が不可欠ですが、スキルさえあればフリーランスとしてチャレンジすることも可能です。プログラミング言語にはいろいろな種類がありますが、アプリ開発に向けて習得しておくと良いのが汎用性の高い「Java」やiOSアプリ開発専用の「Swift」です。

  • コンサルティングからプロジェクト運営、保守まで幅広い業務を担うSIで働いた経験は、ITコンサルタントとしての仕事に生かすことができます。エンジニアとコンサルタントでは仕事内容も求められる要素も異なりますが、ITの専門知識と経験に加えて必要なスキルを補えば、コンサルタントになることは可能です。転身に関しては、転職だけでなくフリーランスとしての道もあるので、それぞれに特化したエージェンントをうまく活用しましょう。

  • IT系のスキルを持った人材を必要としている企業は多く、職種や業界に関係なく活躍できる場が広がっています。ビジネスにとってITは欠かせないツールですが、問題が起きると全ての業務がストップしたり、情報が漏れてしまったりするリスクの大きなツールでもあります。今後はますますITへの依存度が高まっていくことになるので、外部のエンジニアに頼り切ってしまうのではなく、社内SEに切り替えようとする動きが加速しています。

TOPICS

SI業界からの転身術

SI業界を脱出しよう!

SI業界に見切りをつけて転職を考えている人の新たなキャリア形成に役立つ情報を紹介するサイトです。

Copyright © 2017 SI業界からの転身術 All Rights Reserved.